2020年7月30日木曜日

3/3/20【帰国中止⇒オンライン講座お申込みページ】


コロナウィルスの影響により2020年5~7月に
予定していた帰国を中止致します。

今回予定していたAACの養成講座は時期を改めて予定し、皆さまにお知らせ致します。


アドレリアン・アート・コミュニケーター
オンライン講座の
お申込みサイトです。


心を紐解くアート作り:プロセスを大切にする
 カナダBC州公認アート・セラピスト&

 同州公認心理カウンセラー、そして、 

アドレリアン・アート・コミュニケーター
代表の上原英子です。
~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~

「アドラー心理学をどうやってアートワークで学ぶの?」

「お絵かきは得意じゃないけど、講座内容に関心がある」

「どんなことをするのか興味津々」


このような声にお応えして、オンライン講座を開催致します。

 


第一弾: 自己主張的って?
アートで体験!相手を大切にしながら自分の意見や気持ちを伝えるコミュニケーション
 
アートワークを取り入れながらアサーティブなコミュニケーションが学べる120分間の講座
です。

自己主張は苦手な方、この機会に自己主張とはなにか、その効果的な方法を学んでみませんか?


開催日
① 3月15日(日) 8:00-10:00
② 3月19日(木) 13:00-15:00
③ 3月26日(木) 13:00-15:00
⓸ 3月29日(日) 10:00-12:00 
  
お手元に用意して頂いた紙にオイルクレヨンで描いたアートワークを皆さんでシェア

 第二弾: 自分の領域はどこまで?
『人間関係とバウンダリー:自分の領域はどこまで?

アドラーは「人間の悩みとは、すべて人間関係の悩みである」とズバリ言い当てました!

自分と他者を分けるパーソナル・バウンダリー
の考え方を絵を描きながら学んでみませんか?

この機会にある人との関係で感じるモヤモヤしていた気持ちが解決できるかも。



開催日 
① 4月16日(木) 13:00-15:00
② 4月26日(日) 10:00-12:00
③ 4月30日(木) 13:00-15:00 


☆いずれの講座も100均で構いませんので、紙とクレヨンを用意してご参加ください。 

上記の日程が合わない場合は、動画のみの受講もできます。

参加費: 3,000円

オンライン講座お申し込み方法

お申し込みは以下よりお願い致します。



https://forms.gle/tZDhgZmgC81dmn4v7

 

2020年5月17日日曜日

5/16/20 【カナダでの隔離2m】

 
ファーマーズマーケットでも2mルールは適用されています

心を紐解くアート作り:プロセスを大切にする
カナダBC州公認アート・セラピスト&

同州公認心理カウンセラー、そして、 
 
アドレリアン・アート・コミュニケーター 代表上原英子です。
 ~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~

日本では地域によっては外出自粛要請が緩んだようですね。




 
私の住むBC州でも5月15日からコロナウィルスの影響下での外来自粛要請の緩和第一段階に入りました。
 


いつもは軒を連ねる朝市ですが、今はこんなに間隔を開けています。



二ヶ月ぶりに友人宅を訪ねました。
念のために風通しの良い庭で語らいの時間を持つことに。
 
夫婦二人で建てた新築のお家。庭はまだ掘り返し中

1ヘクタールの敷地を見渡せるブランコ。
端と端に座れば2mの距離が保てそう。

やっとアート・セラピーとカウンセリングのセッションを対面で行えるようになったので、ワクワクしています‼

生徒たちの学校復帰は6月1日を目途にしているとのこと。
この地域は6月末から夏休みなので、あっという間の登校時期になりそうです。


 

2020年5月7日木曜日

5/6/20【コロナウィルスの影響のアート&詩が掲載されました‼】

 
私のアートと詩のコラボ作品がカナダ精神衛生協会地区会報:Clubhouse Newsletterに掲載されました‼

心を紐解くアート作り:プロセスを大切にする
カナダBC州公認アート・セラピスト&
同州公認心理カウンセラー、そして、 
 

アドレリアン・アート・コミュニケーター 
代表の上原英子です。

   ~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆
長年ボランティア活動をしているカナダ精神衛生協会では
毎月会員向けの会報が発行されています。

 

私はアート活動でメンバーと一緒に創作していて、
今回はその時の私の作品が会報に掲載されました。 


テーマはコロナウィルスの影響下の心境。
心の中のさまざまな気持ちを形や色で表現し、言葉で伝えました。 

 
チョークパステルの作品

 
イメージを形にしたペイントスティックによる習作
アートと詩を見比べながらご鑑賞頂けると嬉しいです。

『コロナウィルスの下での祈り』

静かに湛えていた湖の水のような心持ちが
自己隔離の名の下に 
さまざまな不満を波を立たせている

もともと私たちの心の半分は
日の光のような慈愛
そして、もう半分は感謝で溢れている
この心持ちこそ 人であることの証

ところがこの竜巻のような
コロナウィルスの影響は心を乱し
氷が張るように ガチガチに凍らせてしまう

凍てついた心の氷がとけるまで
どのくらいかかるのだろう?

今はただ閉じ込められた部屋から
解き放たれる瞬間を祈ろう
おひさま色の慈愛と紅に染まる感謝の念が
降りつもった不安の雪と
嵐のようなストレスの波濤を静めるよう

by Eiko Emily Uehara

この作品はまず英詩から作ったので、こちらに記しますね。

A COVID-19 PRAYER


The stillness and calmness of the water of the lake is broken

And waves of frustration are rising in our isolation.

Our compassion is like the warmth of sunshine

Filling one half of the heart

The other half of the heart is filled by the glory of gratitude

Our hearts are proof of our humanity.

This overwhelming storm may overwhelm our hearts

As it gets colder and hard as ice.

How long will it take to melt the frozen heart?

We wish to be liberated from this confinement

When our hearts with compassion and gratitude

Have tamed the billowing water and melted the frozen ice. 


この他にも以下のアート作品2点が載りました。

これからに対して希望を持ちたい願いを込めたHOPEのパステル画


 
協会メンバーの Zoomのアート活動Creative Connection

次に描くパーツを参加者が1人ずつ指示して描き上げたマンダラ画‼
 
 最初の一歩はこんな感じで始まりました 
 
アートのプロセスを画面に写してメンバー同士でシェア
 
私のアートが完成したところ

私にとってアートメーキングは、心を表現するひとつの方法。
誰かに見てもらうことを想定したアートワークではなかったけど、このような形で協会紙掲載に採用されて嬉しいです‼