2020年7月30日木曜日

4/10/20【帰国中止⇒オンライン講座お申込みページ】


コロナウィルスの影響により2020年5~7月に
予定していた帰国を中止致します。

今回予定していたAACの養成講座は時期を改めて予定し、皆さまにお知らせ致します。


アドレリアン・アート・コミュニケーター
オンライン講座の
お申込みサイトです。


心を紐解くアート作り:プロセスを大切にする
 カナダBC州公認アート・セラピスト&

 同州公認心理カウンセラー、そして、 

アドレリアン・アート・コミュニケーター
代表の上原英子です。
~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~

「アドラー心理学をどうやってアートワークで学ぶの?」

「お絵かきは得意じゃないけど、講座内容に関心がある」

「どんなことをするのか興味津々」


このような声にお応えして、オンライン講座を開催致します。

 


第一弾: 自己主張的って?
アートで体験!相手を大切にしながら自分の意見や気持ちを伝えるコミュニケーション
 
アートワークを取り入れながらアサーティブなコミュニケーションが学べる120分間の講座
です。

自己主張は苦手な方、この機会に自己主張とはなにか、その効果的な方法を学んでみませんか?


開催日
① 3月15日(日) 8:00-10:00
② 3月19日(木) 13:00-15:00
③ 3月26日(木) 13:00-15:00
⓸ 3月29日(日) 10:00-12:00 
  
お手元に用意して頂いた紙にオイルクレヨンで描いたアートワークを皆さんでシェア

 第二弾: 自分の領域はどこまで?
『人間関係とバウンダリー:自分の領域はどこまで?

アドラーは「人間の悩みとは、すべて人間関係の悩みである」とズバリ言い当てました!

自分と他者を分けるパーソナル・バウンダリー
の考え方を絵を描きながら学んでみませんか?

この機会にある人との関係で感じるモヤモヤしていた気持ちが解決できるかも。



開催日 
① 4月16日(木) 13:00-15:00
② 4月26日(日) 10:00-12:00
③ 4月30日(木) 13:00-15:00 


☆いずれの講座も100均で構いませんので、紙とクレヨンを用意してご参加ください。 

上記の日程が合わない場合は、動画のみの受講もできます。

参加費: 3,000円

オンライン講座お申し込み方法

お申し込みは以下よりお願い致します。



https://forms.gle/tZDhgZmgC81dmn4v7

 

2020年5月25日月曜日

5/24/20【コロナ禍だからこその作品受賞‼】


どんなにネットが普及しても私は紙の本をいつまでも読み続けたい‼


心を紐解くアート作り:プロセスを大切にする
カナダBC州公認アート・セラピスト&

同州公認心理カウンセラー、そして、 
 
アドレリアン・アート・コミュニケーター 代表上原英子です。
~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~

カナダBC州ではコロナウィルス感染の影響で3月下旬から2ヶ月間も外出自粛要請が続いていました。

そのような時期に、図書館がアース・デイ(4月22日)を記念して大人向けの詩のコンテストを実施。

その作品には、以下の単語を必ず入れることになっていました。

一緒に、離れて、親切、外で、中を、世界的な、ソーシャル、カーブ、本、隔離、日光
 
まず、言葉を分類して色分けして、作詩を開始。
イメージとしては、閉じこもった家と社会の間に本が虹の架け橋になる感じ。
先にアートワークしてみたら、詩を紡ぎやすくなりました。
 
Books Bridge the Gap Between 
The Inside And Outside Of Our Lives
By Eiko Emily Uehara

With COVID-19 infections increasing

There is a quarantine keeping us apart.

Inside our houses, we have learned to show kindness

While dealing with frustrations and anxieties.

However, look outside!

Sunshine is a symbol of hope that we'll soon be together again,

Until then books have become our social bridge

While staying at home looking forward to the future.

Reading books nurture our curiosity and knowledge thus promoting self-growth.


 
『本は私たちの内面と社会の間のギャップを埋める架け橋
Eiko Emily Uehara

 コロナウィルス感染症が蔓延して、
 私たちは自己隔離して暮らすようになった。
 このような時勢で欲求不満と不安に見舞われているなかで
 私たちは自らに対して親切にすることを学んだ。

 でも、外を見て!
日の光は、私たちが再び一緒にいられるようになる
希望の象徴として輝いている。
その時が来るまで、
本は私たちにとって社会的な架け橋の役目を果たすよ。

将来を楽しみにしてステイ・アット・ホームしている間、
本を読むことは、このように自己成長を促し、
好奇心と知識を育ててくれるから。

 結果は、受賞❣ 
コンテストのWinnerに選ばれました~
  図書館から賞品としてamazonのギフトカードが届きました~

コロナウィルスの影響で家に籠っていなければ、カウンセリングやアート・セラピーの臨床に時間が取られて図書館のサイトを見たり、詩のコンテストに応募しなかっただろう。

いつも通り活動できなくて苛立ちを感じた時期だからこそ、自分にとって大切なこと:アートワークや文字を用いての自己表現をする機会としてコンテスト応募を決心した。

出来事はポジティブとネガティブの両面があり、自分が今、どちらの側から出来事を見ているか自覚することが大切なのだと実感しました~


 

2020年5月17日日曜日

5/16/20 【カナダでの隔離2m】

 
ファーマーズマーケットでも2mルールは適用されています

心を紐解くアート作り:プロセスを大切にする
カナダBC州公認アート・セラピスト&

同州公認心理カウンセラー、そして、 
 
アドレリアン・アート・コミュニケーター 代表上原英子です。
 ~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~

日本では地域によっては外出自粛要請が緩んだようですね。




 
私の住むBC州でも5月15日からコロナウィルスの影響下での外来自粛要請の緩和第一段階に入りました。
 


いつもは軒を連ねる朝市ですが、今はこんなに間隔を開けています。



二ヶ月ぶりに友人宅を訪ねました。
念のために風通しの良い庭で語らいの時間を持つことに。
 
夫婦二人で建てた新築のお家。庭はまだ掘り返し中

1ヘクタールの敷地を見渡せるブランコ。
端と端に座れば2mの距離が保てそう。

やっとアート・セラピーとカウンセリングのセッションを対面で行えるようになったので、ワクワクしています‼

生徒たちの学校復帰は6月1日を目途にしているとのこと。
この地域は6月末から夏休みなので、あっという間の登校時期になりそうです。