2017年12月14日木曜日

12/12/17 【人生は折り紙を折るが如し】

今年は12月になってからほとんど雪が降っていないので、
積雪のないクリスマスになるかな~


夏休みの折り紙教室のリピのお子さんもいた人気のクラス!
 
心を紐解くアート作り:プロセスを大切にする 『心のアート・ワーク』の
カナダBC州公認アート・セラピスト&同州公認心理カウンセラー
上原英子です。 

 
~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~

1993年にこの地域の選択科目の日本語を教える先生の補助として
カナダに来てからもうすぐ25年。

日本語クラスでは文化的なデモとして、生け花、お茶、着付け
日本食実習などいろいろ教えました。

その中でも特に人気があったのが折り紙でした。
 

クリスマス・ツリーにも飾れる折り紙オーナメント


 

この夏にお招き頂いて夏休みの折り紙教室をしたLumbyという
ここから100㎞ほどの小さな町にクリスマス用折り紙を教えに

行ってきました。
 
 土曜日の朝だったせいか、始めは折り紙の個人教授に~

 

お子さんについてきた親御さんも折り紙に挑戦!


出来上がるまで諦めない忍耐力を見せてくれたお子さんたち


この日、ふとこんなことを思いました。

折り紙を折るプロセスって人生の生き方になぞらえられるなって。

そこで、こんな詩を書いてみました。




『人生は折り紙を折るが如し』

折り紙で何かを折るには
最初は折り方を教えてもらえるといい

山折り・谷折り・鶴折り・魚折り
どれも本を見ただけじゃ難しい

小さな頃、最初に折り紙の基礎を
教えてもらえた子は手早く上手に折れる

誰にも折り方を教えてもらえなかった子は
自己流で何とか折ろうと四苦八苦

何度も折り方を間違えては折り直し
出来上がった時には折り紙は皺だらけ

どれだけ時間を掛けたとしても
基礎を教えられた子のように
きれいに仕上げられない

人生は折り紙を折るが如し

最初にまともな大人にどうやって
生きるのか見せてもらえると分かりやすい

こんな時はこうすればいい、
こうならないように、ああしておけばいい

信じられる大人がいない中で育つと
こうなりたくないばかりが増えていく

でも、どうやって生きていったらいいのか
モデルがいないから分からない

それでも大人になる時がやってくる
紙がズレても切れても仕上げなくてはならない時が 
  
そんな子に、よく仕上げたねと伝えたい

最初のひと折りが違っていたら折り直さなくてはならなくて
随分とやり直しに時間が掛かったろう

何度も折り直している内に
嫌になってしまったこともあったろう

それでも見よう見真似で
何とか自分の力で折り上げた

そんな作品は不細工ではあっても
捨てるに忍びない味わいがある

そうやって生きていっていいんだよね
私も不器用な指で折り紙を折り続けていこう




2017年12月2日土曜日

12/1/17【家族でアートの記事12月号!】

12月になり、西カナダはグンと寒くなりました。
日本は師走で忙しい時期になりましたね。



家族でアートを用いたコミュニケーションの仕方をお伝えしています。

心を紐解くアート作り:プロセスを大切にする 『心のアート・ワーク』の
カナダBC州公認アート・セラピスト&同州公認心理カウンセラー
上原英子です。 

 
~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~


毎月配布される判りやすくライブ感のある「生」の声を誌面にしている静岡県沼津市の(株)ブレーン社発行の

ライフマガジン『Family』

 

大きく背伸びをしないで、家族の真ん中に+αの生情報を
届けることで
「家族を元気に」「お店を元気に」「地域を元気に」する
フリーペーパーです

 

主婦層&家族対象に静岡県東部に、100店舗以上ある流通スーパー等(エスポット・ポテト・マックスバリュ・マミー・業務スーパー・食遊市場・エッグマート・ハック)で、配布開始後にすぐになくなってしまうほど大人気の冊子!

 

大学の先輩でもある、この『Family』誌の杉山浩昭編集長よりご依頼頂き、11月号から私の家族向けのアートの仕方の記事

『アートワークを楽しもう』の連載が始まりました。

  こちらが12月号です!

掲載第2回目は、楽しみながら家族が仲良くなる『想像力アップのお絵かき法』のご紹介です。

 

静岡県東部にお住まいの方は、毎月22日に発行される

ライフマガジン『Family』

が大手スーパーなどで配布されますので、是非、お早目に
ご入手くださいね。

 



2017年11月26日日曜日

11/25/17 【こんなの初めて見た!】

どんどん日が短くなってきて、4時過ぎには暗くなってくる西カナダ。
ひと月足らずで冬至を迎えますね。
 

こんなの見たの初めてでした!一体、何なのでしょう?
 
心を紐解くアート作り:プロセスを大切にする『心のアート・ワーク』の
カナダBC州公認アート・セラピスト&同州公認心理カウンセラー
上原英子です。 

 
~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~
少し前にsppinerが流行りましたね。

 
これは、落ち着かない時に手慰みする道具として重宝されていました。

カナダではfidget:もじもじ、そわそわする、いじくり回す用と謳われていました。


今回、トップにアップしたのはTwiddlemuffと呼ばれるもの。

Twiddleという単語は、ひねり回すという意味
手を温めるためのマフに色々ついているものが、
どうしてひねり回すという意味なのか?

タグはFidget Me Not Project:ひねり回さないでプロジェクト

戦没者へ手向ける忘れな草の英名:Forget Me Notを文字っています。

このタグには、特別にあなたのために、Knitwits(グループ名)による
手作りと書かれています。


ひねり回すためのマフどういう意味なのでしょう?

twiddlemuffは、リボンやプラスチック製のボタンなどが
付けられたカギ編み製、または、生地によるチューブのこと。

上からマフの中を覗いた様子

 
マフはさまざまなの毛糸や感触のある素材て作られていて、
外側だけでなく、内側にもプラスチック製のボタン部品などが 
縫われています。
マフの内側に手を入れていても、指先で内部をいじれるように
配慮されています。


小さいお子さん用にしては大きさが違う…

だれが、どんな目的で使うものなのでしょうか?

アルツハイマーなど認知症がある人々の多くは病状の進行と
共に性格の変化を遂げ、特にイライラしやすくなるそうです。

そのような場合に手と心をTwiddlemuffsに集中させることによって、動揺を和らげ、氣分を静められるように配慮して作られています。

カナダの多くの入院病棟では、患者の気分の快くし、手慰みになる、
また、微細運動によって脳を刺激することが患者に
前向きな影響を及すTwiddlemuffsが評判になってます。
 
着ている服に合わせて色を選べたらオシャレ!

「わ~面白い!私も作ってみようかな!」

無邪気にそう言うと、こんな返事が。

「あなたが個人で、また、オシャレものとしてプレゼントに
 するのはいいアイディアね。

認知症用に作るには、付けるものの強度や
素材などいろいろな制約があって、
その通りに作る必要が。


な~るほど!
可愛く見えるこのマフは、医療用目的の
場合には細かい制約に沿って、規格通りに
作っているんだ!

現在、このTwiddlemuffはボランティアのグループがそれぞれ作成して、入院病棟に寄付しているのだそう。

私はアート・セラピーのセッションをしている発達障害を抱えた
生徒たちを思い浮かべ、このマフで手慰みの効果が出そうだと確信!



2017年11月20日月曜日

11/19/17 【氣持ちについての氣持ち?】







初雪の後、しばらく寒い日々が続いていました。
今年は例年になく雨が多い晩秋を迎えています。


サティアの2日間ワークショップのイントラ(左)とアシスタント
(右)と共に。


心を紐解くアート作り:プロセスを大切にする『心のアート・ワーク』の
カナダBC州公認アート・セラピスト&同州公認心理カウンセラー
上原英子です。 

 
~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~

サティアのワークショップでの写真をアップしましたが、サティアとは何のことでしょう?

ヴァージニア M.サティアは、日本では後年に彼女が関わったNLPのwebsiteで名前を見掛けるくらいで、あまり紹介されていないようです。

サティアはアメリカの心理療法家で家族療法の創始者と呼ばれています。


私は大学院で家族療法についても学び、興味を持っていました。

そこで、今回、ここから100㎞ほど西にあるKampoolsという町で催されたサティアのワークショップに参加しました。

Kampoolsはこんな砂漠のような地域なんです
 
ゴルフ場のクラブハウス内の部屋で行われました。
 
このようなバナーが掛かっていました。マンダラみたいなロゴ
  
 変容力のある体系的療法

 

この氷山のメタファーモデルには、人間の認識と行動が表わされています。

このモデルを用いてクライアントの心の奥底まで探っていき、例えば
「氣持についての氣持」を意識することで、表出している行動に変化が
起こるというコンセプト。

 
「氣持についての氣持」とは、例えば、自分が怒っているということに
罪悪感を持っているということもあるという考え方。



2日間の初日にこのモデルの極意を学び、そして、翌日は
実際にモデル・ケースを扱って演習しました。

このクラスで私の実家の人間模様をケースとして扱ってもらいました。


クラス内で私がそれぞれの家族の配役を決め、キャストはポーズを付けたり、役割になりきって氣持ちを言葉にしたり、ドラマ仕立てのような部分もありました。

私はキャストの家族としての関係性を客観的に観察した後、イントラに導かれて、ひとりひとりと会話をしました。

イントラの私への質問は、決められているものをそれぞれのキャストと関わる毎に訊かれました。

自分が自分の氣持ちについてどう感じているのかを考える機会は貴重なものでした。


心の傷の元になった関係性も出てきて、それを言葉にして相手に伝えたことによって、カタルシスを体験しました。

 
 イントラ「このメンバーでのワークショップは一期一会なのよ」

自分の思考感情行動に責任を持つというアドラー心理学のコンセプトとサティアのそれも共通するところがあったのも面白かったです。

またこのような学びの機会を持っていきたいです。
 


2017年10月28日土曜日

10/27/17 【家族でアートの記事連載開始!】

雨が続いた後の晴れ間に落ち葉が美しいこの季節。
西カナダは晩秋の佇まいになっています。

 
家族でアートを用いたコミュニケーションの仕方をお伝えしています。

心を紐解くアート作り:プロセスを大切にする 『心のアート・ワーク』の
カナダBC州公認アート・セラピスト&同州公認心理カウンセラー
上原英子です。 

 
~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~


毎月配布される判りやすくライブ感のある「生」の声を

誌面にしている静岡県沼津市の(株)ブレーン社発行の ライフマガジン『Family』

大きく背伸びをしないで、家族の真ん中に+αの生情報を届けることで「家族を元気に」「お店を元気に」「地域を元気に」する フリーペーパー

 

主婦層&家族対象に静岡県東部に100店舗以上ある流通スーパー等

(エスポット・ポテト・マックスバリュ・マミー・業務スーパー・食遊市場・エッグマート・ハック)で、配布開始後にすぐになくなってしまうほど                    大人気の冊子

 

大学の先輩でもある、この『Family』誌の杉山浩昭編集長より
ご依頼頂き、
11月号から私の家族向けのアートの仕方の記事

『アートワークを楽しもう』 の連載が始まりました。

 

 

第一回目は、楽しみながら家族が仲良くなる「スクリブル」(なぐりがき)のご紹介です。 お子さんと会話を楽しみながら進めるアート・エクササイズ

 

静岡県東部にお住まいの方は、毎月22日に発行される

ライフマガジン『Family』

が大手スーパーなどで配布されますので、是非、ご入手くださいね。

 

 


 

 

2017年10月18日水曜日

10/17/17 【心のカラクリって?】

この頃、朝晩の気温が零下になる西カナダです。
山並みの頂上には、雪が見られるようになってきました。
たった3週間くらいの短い秋を経て、カナダの冬の到来です!

自らの体験を通して心のカラクリが分かった!

心を紐解くアート作り:プロセスを大切にする 『心のアート・ワーク』の
カナダBC州公認アート・セラピスト&同州公認心理カウンセラー
上原英子です。 

 
~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~


1週間ほど前のFacebookにこんなことを書きました。



https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10210467230618921&set=a.1071545150729.2011559.1289153113&type=3&theater

一応、ここにも記しておきます。

「神様は越えられない試練は与えない」というけれど、
そんなに私を買い被らないでと悲鳴を上げたくなることが。

この半年間がそうだった。

実を言うと母が最終段階の癌患者であると分かった昨8月から。


確執が深かった母が病み、そして、逝き、子どもの頃から抑圧してきた
さまざまな感情が心の中に怒涛のように溢れ出してきた。

その時に感じられなかった氣持ちは押さえつけられていたけど、
消えてなくなったわけではなかった。

時を超えてその氣持ちが蘇った時、その強烈さに
夜中に目が覚めて、寝付けないこともあった。

自分の氣持ちをとことん感じることに疲れ切った、今日この頃、
やっと自分を受け入れられるようになったのかも知れない。

こうやって少しずつ忍耐強くなっていくのかな。
 

「今はそんなふうに感じられないかも知れないけれど、
あなたは(苦難を)乗り越えられるくらい強い!」



~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~

こう書きながらも、スッキリしない氣持ちも感じていました。



ところが、今朝、ある心理療法のセラピストのコラムと出会って、
目から鱗が落ちました!



正に今の自分の心の変遷の体験と合致する感覚があり、


共時性を感じました。



私の氣づきのきっかけとなった部分を意訳を「」内に、
青字は私の書き込み部分です。



『希望に満ちた悲しみ:自らの(喪失感に伴う)
悲しみを受け入れられたら
幸せ感が感じられる



「私はクライアントに、過去に起こったことは終わったこと。

 割り切って、今、ここを生きるのよと説いてきた」
北米の認知行動療法では、分析的に理由を求めず、
実存的に今にフォーカスする方法をよく取り入れる。 



「セラピストとして他者を勇気づけている私は、

 自分の悲しみと繋がって弔う作業をしないで邁進してきた」
仕事柄、他者の感情にフォーカスしている分、自分の感情との繋がりが
希薄になってしまうことがある。



「ところが、自分が底知れぬ深い悲しみに襲われるようになり、

 自分が弱くて傷つきやすいと感じながら、悲しくて、
 ずっと泣き続けた」
私はこの一年以上の間、悲しくて悲しくてやりきれない氣持ちで過ごした。

特に母が逝ってからは、
子どもとして感情面が不幸だった家庭生活が
フラッシュバックして、自分にはこんなに涙があったのかと驚くくらい
毎日のように涙に暮れていた。
「でも、この作業を通して自分の中に全体性が生まれた!」
後から振り返ると、この時期を通らずに心の全体性の実感は
起こり得なかった。




「私は人生は潮の満ち干のようだとは感じていなかった。

  戦士のように人生に立ち向かい、生き延びて勝ことに

 地道を上げて生きてきた。

 苦しい子ども時代を乗り越えるのに必要な生き方だった」

アドラー心理学の考え方に『過補償』と呼ばれるものがある。

人は、自らの劣等感を何らかの形で克服しようと邁進する。

病弱さ、家族内での弱者、学校での孤立感などを払拭したくて、
敢えて逆境に挑戦して、目標を達成することに全ての力を注ぐ
生き方をしてきた。



「私が人生で心から愛していた人々を失ったこと、

 虐待などから子どもとして無邪気に生きられなかったこと、

 私の将来の夢が壊れたこと、

 そして生き延びるために必死で、自分自身さえ失ったこと。」
両親にとって異質な存在として生まれた私。
性格的にそっくりだと言われていた父の兄、K伯父は、
私が生まれた翌年に早逝。

可愛がってくれた父方の祖父は認知症を患った5年後、
私が13歳の時に亡くなった。

精神的に生き地獄だった実家では、個人として認められず、
役割ばかり押し付けられてきた。
地元を愛し、ずっとそこで生き続ける将来。

そんな失望の欠片を”なかったことにして”生きている内に
本来の自分がどんなだったか分からなくなっていった。



「自分自身の心の闇の中の嘆かわしい部分と繋がれないならば、
全体性を通して自分として完全であるはずがない」

私は自らの心の闇を忌み嫌い、疎んじて受け入れなかった。
もう、悲しい氣持ちを二度と感じたくなかったから。

傷ついても平気な振りをしていたら、そのまま氣にならなくなる。
そんな生き方がしたくて、いつも自分以外の誰かのように振る舞っていた。

その間に悲しみは心の中に静かに、そして、着実に振り積もっていった。

そして、私はいつも心の中に風穴があいているような薄ら寒さを
感じながら生きてきた。


「私は自らの心の声を、その悲しみを聞くことを学んでいる」
私の最初の記憶は、「この世に生れて来たくなかった」憂鬱さ。

そこから、打ちのめされるほどの強烈な悲しみを振り払って
生きてきた分、今、悲しみが心の中に精彩に返り咲いている。
 


「手を伸ばして、私自身の手を握ること:

 子どもとしてあり得ないくらい過酷な状況を体験しすぎて、

 震えている女の子の手を」
機能不全家庭には人様に晒せないような惨事が溢れていた。
誰にも助けを求められない絶望的な日々を生き抜いた少女。

私はその存在さえも葬り去ってしまいたかった。
思い出すには辛過ぎて、悲しすぎて、耐えられなかったから。



「過去に対峙し、(自分を)許し、(心が)平和になり、

 そして、その痛みを手放すこと」
母の病、そして死をきっかけに起こった
私の一生分の悲しみのフラッシュバック。

願ったように愛されないで育つしかなかった私を許そう。

子どもだった私を愛することができなかった家族が
私にしてきたことを受け入れよう。

家族全員が愛されないで育った家系という大樹に
愛の花は咲かず、愛の実もみのらなかった。
それは年月を経て育った、愛されない連鎖という年輪だった。

とめどなく現れていた子ども時代からの
フラッシュバックは、
空のリールが回り続ける乾いた音にとって変わった。



「今、人生は潮の満ち干のようだと心から信じられる氣がする」
古文は苦手だったのに、平家物語のこの一節は諳んじている。
祇園精舎の鐘の声

諸行無常の響きあり

沙羅双樹の花の色

盛者必衰の理をあらわす

おごれる人も久しからず

ただ春の世の夢のごとし

たけき者も遂には滅びぬ

偏に風の前の塵に同じ
盛んな者も必ず衰えるという道理。

おごり高ぶっている人(の栄華)も長く続くものではなく、まるで
(覚めやすいと言われている)春の夜の夢のようである。

勢いが盛んな者も結局は滅亡してしまう、まったく風の前の塵と同じ。

人の人生での干満と、この
盛者必衰の理がリンクする。



「(今、強烈に感じている)この圧倒されるような深い悲しみは

 自己包容(受容)のために起こっている」
私は過酷だった現実から生き延びるために、自分は弱く傷つきやすいと
感じたら立ち直れなかったために、果たせなかった悲しむという作業。
それが今、洪水のように身にも心にも溢れ返っている。

でも、この辛い時期は、自分を受け入れるための過程として起っている。

頭で理解しながら、心はもがき苦しみ、魂はその模様を静観している。
 

ニードル・フェルトでこのトピのために色が微妙に混じった♡を手作りした。  

そして、 全体性を通して自分を一人の人間であると確信し始めた。



「この悲しみに打ちひしがれる(グリーフという)作業の結果、

 私は自ら、そして、他者と、より深く繋がれた実感がある」

怒涛のような1年2ヶ月の悲嘆の作業は小休止に入ったようだ。

自分の心の変化に呆然と立ち尽くしている私だけれど、
そこに全体性が現れた感じがしている。
すると、全く違う人生を送っているように見える他者の心のありように、
自分の人生の過程と同じカラクリが感じられるではないか! 
 


「私は新しい方法で自分の傷つきやすいという特性を学んでいる。

 新しい光の中で、自分の人生を理解し始めた。
憑き物が落ちたようなホッとした中で、自分が人との関わりで傷ついても、悲しんでも、それでいいのだと腑に落ちた。
これから、心が傷つかないという選択が私の人生にはないとしても、
体験したことから大いなる氣づきを与えられる歓びがある。


「今は失ったものがこんなにたくさんあったと悲しいけれど、

 これからに希望が感じられる。

 この作業をしていくのに時間は掛かっても、

 自分の本質を生き始められるであろうことが」  
私が一生懸けて辿り着きたいのは、自分の本質。
たとえ辿り着けなくても、この課題に取り組んでいく姿勢に意味がある。
心の中のたくさんの歯車がカチッと合って、回り始めるような感じ。

私は自分の人生が本質的であれば本望なのだ。
それ以外に望むものなんて他にあるかしら?

~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~



「自らの(喪失感に伴う)悲しみを受け入れられたら、

 幸せ感が感じられるようになる」


英文の文献: